危険な原材料

キャットフードを選ぶ場合には、カロリーなどの計算が面倒な方の為に、子猫用、成猫用、シニア用などのあらかじめカロリー計算をされている物を選ぶのが最も簡単でストレスのかからない方法だと言えます。しかし、最近ではより安全で身体のよいキャットフードを求める方が増えて来ています。

最初に確認しなければいけないのがキャットフードに使われている原材料です。特にリーズナブルなキャットフードの場合には、コストダウンをするために原材料が安全とは言えないような物まで使っている危険性もあるからです。もっとも多くのリーズナブルなキャットフードに使用されているのが穀物です。トウモロコシや大豆のような穀物が多く含まれている場合がありますが、実は猫にとって穀物は身体に悪影響を与える食べ物ですので、あまり多く含まれているような物は注意が必要になります。犬もそうなのですが肉食動物は穀物の消化が特に苦手ですので、多く摂取をし過ぎると返って体には悪影響です。グレインフリー(穀物不使用)のペットフードも最近ではめずらしくありません。愛猫の為にも材料にこだわったフードを選ぶようこころがけましょう。

外部サイト:カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムキャットフード通販

また、保存料などが大量に入っているようなキャットフードも猫に対しては悪影響を与えてしまいます。安全性の高いキャットフードは肉がメインに作られている物になりますので、判断材料としてお使いください。