猫とキャットフード

大好きな猫にご飯をあげる時には、本当にこのキャットフードで最適なのかやキャットフードの量はこのくらいで大丈夫なのかという事だと思います。食べ過ぎてしまうと肥満に繋がり、内臓系の病気であったり、体重の増加によって間接に負担がかかってしまい、脱臼してしまう可能性だってあります。健康的に過ごせるようになるためには、キャットフードの正しい与え方をマスターしなければいけません。

キャットフードの正しい与え方は、ネコの年齢や体重はもちろんの事、室内飼いが屋外飼いによって変わる運動量、猫が持っている持病など全ての要因を配慮しながらその他運動量や病気を考慮して決めるのが一般的です。

最も注意しなければいけない要因の中には年齢があります。猫は年齢や体重によって、食べられる量が大きく変わりますので注意が必要になります。ここで注意が必要になってくるのは、人間の場合には、子供よりも成人の方が食べる量は増える物なのですが、猫の場合には、赤ちゃん猫や子猫の方がエネルギーが必要になりますのでカロリーの高い食べ物を食べなければいけません。食べる量は小さければ小さいほど胃が小さいので食べられないので、ハイカロリーの物を用意する必要があるという事です。

しかし、いきなりこのような事を言われても中々実践できる方は少ないと思いますので、こちらのページでは、これから猫に餌を与える為に必要な知識の中で基礎的な部分のみに的を絞ってご紹介させて頂きます。